line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
12.12

前回の記事にはたくさんお祝いコメントをありがとうございました!
退院と同時にスタートした新しい生活。
慣れたかなーと思ったら、やっぱりダメだーって思うことも多いですが
こんな表情を見せられたらたまりません。

IMG_8132.jpg
この時期の赤ちゃんは意味があって笑うことはなく、こういうのは虫笑いって言うそうです。
突然笑うから写真は貴重です。



まだまだ頑張れちゃう
視野を広く保ちつつ、楽しみたいと思っています。


さて、今日からは備忘録として出産に関する記事を書いていきたいと思います。
何度も経験するわけではないアメリカでの出産。
多分、私は最初で最後。
しっかり記憶しておきたいですもんね。
長くなると思いますが、お付き合いいただけると嬉しいです。



3rd Trimester
39w3d



前日より不規則な収縮を感じるようになっていた私。
収縮も今までのお腹の張りとは違い、
軽いけれどお腹を壊した時のような痛みを伴っていました。

陣痛は夜に始まるイメージがあったので、
夜もベッドで収縮間隔を測ったりしていました。
結局、間隔は不規則なままで、
痛みに関しても眠ってしまえば目が覚めるほどではなかったです。


朝になり、10分間隔になったので、しばらく様子を見た後でクリニックに電話。
先生とお話することができました。

その結果、やはり前日の出血が「おしるし」だろうということに。
陣痛が5分間隔で話ができないくらい強くなったら、
あるいは破水したら電話して病院へ行くという流れを確認。
でも、今日入院になる可能性は高いと言われました。
その後、2回ほどクリニックから様子確認の電話をもらいましたが
収縮の間隔が7分になったり10分に戻ったり…
という状態で入院には至りませんでした。


実はこの日、母がボストン入りする日だったのです。
それもあって、すごくソワソワしていたように思います。
母には病院の情報も伝えてあったし、大丈夫と思いつつも
到着した時に自分がどこにいるかが分からなかったのが心配でした。
しかも、この日のボストンは日本の台風のような天気
空港に迎えに行ってくれたおっとによると
道路が冠水していたほどだったようです。

なので母が無事に家に着いた時は色んな意味でホッとしました。
いつもだったらお喋りし続ける私達ですが
この日は早めにホテルに戻ってもらい、夜に備えて休んでもらうことにしました。


そしてまた、長い夜が始まるのでした。






続きも読むよって思ってくれた方、ポチッとお願いします♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ボストン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://shijimi0429.blog.fc2.com/tb.php/237-ad2a6278
トラックバック
コメント
akikoさん~改めまして
あけましておめでとうございます(*^^*)
今年もよろしくお願いします<(_ _)>

とってもいいお顔ですね♪
夜泣きの苦労も吹っ飛んでしまうくらいの笑顔♪素敵な1枚を残すことが出来て良かったですね^^

ボストンでの出産の様子 知りたい知りたい^^
当たり前なんでしょうけど
大変な陣痛の時に英語でやりとりされてたわけですよね~ホントに尊敬します・・・

今年も喜びでいっぱいの1年になりますように~♪
ren母 | 2015.01.06 21:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
profile

akiko

Author:akiko
おっとの留学に伴い、
初めての長期海外生活です。
どんな毎日になるかとっても楽しみ!
どうぞよろしくお願いします。

weather
new article
comments
monthly archive
calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
category
access counter
online counter
現在の閲覧者数:
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

search
friends
QR code
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。