line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
12.15

3rd Trimester
39w4d



さて入院後。

いつでも麻酔が入れられるようにと、まずは点滴を確保し、

1210 (5)


その後は麻酔科Drから硬膜外麻酔の説明があり同意書にサインしたり、
若いDrのエコーを受けたり…なかなか忙しい
たまにウトウトするものの、時々襲う激しい痛みで目が覚めます。
でも、その都度母が背中を押してくれて、
これが精神的にも肉体的にもラクにしてくれました。


お昼すぎに内診するも進展がなく、収縮剤を入れる旨を告げられました。
実はこの段階で陣痛が1分おきにかなりキツくなっていたので
麻酔もお願いすることにしました。
麻酔を入れると食事を取れなくなるため(水分は可)ランチを注文しましたが、
痛みに耐えるのに精一杯で、私は食べられず。


そしていよいよ麻酔科Drの登場。
なんと座って入れるんです
どうなるかと思ったけど、処置の間は陣痛の痛みを感じず。不思議です。

処置の間、家族は待合室で待機のため、1人取り残されました。

IMG_8420.jpg


緊張…
でも、看護師さんにガッシリ捕まって喋っている間に背中にチューブが入ってました。
早いっ!


しばらくすると、両足がぬるま湯に浸かったように温かくなってきました。
さらにそのうち、痛みが弱くなり…
そして消えたっ!!

部屋を出て行く時に言葉が出ずに苦しそうにしていた私が
笑顔で喋っているのを見たおっとと母は仰天していました。



このボタンを渡され、追加が必要な時は押すように指示されます。

P1000623.jpg


これはPCA(patient controlled analgesia)、
自己調節鎮痛法と言います。


自分で追加なんて怖いと思いますが、追加できる量は機械で調整されており
必要以上に入らないようになっています。
とはいえ怖いので、追加は数回にとどまりましたが、
痛みを感じる事なく、自覚のないまま徐々に子宮口は開いていったのでした。





魔法みたいだね!のポチッをお願いします♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ボストン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://shijimi0429.blog.fc2.com/tb.php/240-c04f1472
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.02.26 11:10 | 編集
すごい体験でしたね~
背中にチューブって…いったい…
これってアメリカ式なのかしら?
日本でも今どきはこんな感じなのでしょうか?

おととい素敵なカード届きました!
可愛いカードに感激です♪
ありがとう!
babyはすくすく育っていますか?
またお顔を拝見できたら嬉しいな♪
soramama | 2015.02.27 00:38 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.02.28 09:32 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2015.03.13 12:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
line
profile

akiko

Author:akiko
おっとの留学に伴い、
初めての長期海外生活です。
どんな毎日になるかとっても楽しみ!
どうぞよろしくお願いします。

weather
new article
comments
monthly archive
calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
category
access counter
online counter
現在の閲覧者数:
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

search
friends
QR code
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。